「奄美大島開運酒造」工場見学。黒糖焼酎ができるまで。


 

黒糖ができるまではコチラ
http://amami-aina.com/blog/archives/8819

 

宇検村産100%純黒糖が出来た後の、黒糖焼酎ができるまでになります。

 

こちらは黒糖を溶解している様子です。黒糖を溶かし、もろみに混ぜていきます。


 

米麹つくり

黒糖焼酎の製造は、米麹作りからはじまります。
この機械の中で、お米に麹菌を加え、35℃で2日間、熟成させます。
麹の作用によって、クエン酸ができ酸性になることで雑菌の繁殖を防ぎます。
また、ビタミンBの一種、葉酸も麹のはたらきで作られます。
葉酸は、細胞が新しくうまれるのに不可欠なビタミンで、妊娠中にはぜひとも取りたいビタミンです。

 

 

 

 

蒸留

蒸発するアルコール分と香り成分は、黒糖焼酎に。
蒸発しないビタミン、ポリフェノール類はもろみに残ります。
ほとんどが捨てられてしまうそのもろみを有効活用しています!

ここででたもろみがあま肌の成分「黒糖もろみエキス」になります。

 

 

 

蒸発したアルコール分と香り成分は、冷やされ液体になり、熟成が始まります。
音響熟成の黒糖焼酎「れんと」は、約3ヶ月間、クラシックを聞かせて熟成させます。

 

こちらが貯蔵タンクに取り付けたスピーカーです。
振動による音楽熟成だそうです。音楽はトランスデューサより振動に変換。
その細かい振動が「れんと」の貯蔵タンクに伝わり熟成が進みます。
音楽熟成により、特有のアルコール臭さやピリッとする刺激が少なくなり、
香りのよいまろやかな味になるそうです。

 

 

焼酎の種類により、熟成期間がそれぞれ異なるそうで、長いものだと10年近く熟成させる焼酎もあるそうです。

 

 

熟成のあとは、いよいよ出荷、ビン、パック詰めです。


 

 

ラベルも貼り、奄美黒糖焼酎が出来上がります。

今回、初めて工場見学をしたのですが、黒糖焼酎ができるまで沢山の工程がある事を知り、
驚いたことも沢山ありました。

奄美大島に来られた際は、宇検村の奄美大島開運酒造の工場見学へ是非行ってみてはいかがですか。

 

奄美大島開運酒造

◆見学時間◆
(平日)9:00 ~ 16:00 ※12:00 ~ 13:00を除く
(日・祝)事前にお問い合わせ下さい。

◆お問い合わせ先◆
(工場)TEL 0997-67-2753 FAX 0997-67-2388
(予約専用ダイヤル)TEL 080-8557-4497

 

まだ次に続きます♪

 

「黒糖もろみエキス」配合!!

▼あま肌リッチモイストシリーズはコチラ
初めてのお客様は豪華な4大特典付き!!

http://www.amahada.com/

 

 

amami aina本店~奄美が生んだヨガウェア~

http://amami-aina.com

 

「奄美大島開運酒造」工場見学。黒糖焼酎ができるまで。への1件のコメント

  1. ピンバック:あま肌に配合されている「黒糖もろみエキス」黒糖焼酎工場見学に行ってきました。