宇検村を知る~さとうきびのこと~



こんにちは~
今日の奄美大島は、久しぶりの雨!
雨どころか、大荒れの天気です。
先週は、梅雨ということが信じられないくらいの晴天が続いていました。
そして今日の突風&大雨。
極端すぎます!
先週、宇検村に行っておいて良かった~(笑)

宇検村に行ったのは他でもない、「さとうきび」の現状を見に行ったのです。
なぜ「さとうきび」?
と思われるかもしれませんが、

「あま肌」の原料の原料は「さとうきび」なんです。

あま肌に配合されている「黒糖もろみエキス」の黒糖は、奄美大島の宇検村産のさとうきびだけを使っています。

詳しくは、以前の投稿( あま肌ができるまで(1))に書いています。

 

奄美黒糖焼酎用の株式会社奄美大島宇検農産さんのさとうきび畑にいってきました。
宇検村の田検集落、趣深いバス待合所が目印です。

 

さとうきびは春に植えてその年の冬に収穫する春植え栽培と、
夏に植えて翌年の冬に収穫する夏植え栽培、
そして収穫後の地下株から再び出る芽から栽培し収穫する株出し栽培があります。

写真は、先月植え付けされたものです。
まだ小さくてかわいいですねぇ~
これは、2年後の冬の収穫で黒糖になります。

 

こちらは、今年1月の刈り取りの後、そのまま成長した「株出し」。
来年1月には、刈り取られて黒糖になります。
なので、早ければ来年春にみなさまへお届けするあま肌に、このサトウキビの成分が入っているかもしれませんね。

このさとうきびを収穫し黒糖になります。できた黒糖を使って、
5月ごろから黒糖焼酎仕込みに入ります。
黒糖焼酎を造ったあとの「もろみ」から、黒糖もろみエキスが作られます。

今回、お邪魔した株式会社奄美大島宇検農産さんでは、さとうきびの他にも、とても素晴らしい出会いがありました。

「せんぱ~い!」との呼びかけに登場したのがこの方。
宇検村の吉本らしいですよ~(笑)

実物はもっとイケメンです!(笑)

 

宇検農産さんでは、さとうきびはもちろん、なんとマンゴーも作っています。
ついでにハブ取りも(笑)
そのマンゴーがこちら・・・

 

たっくさん実っていました!
おいしそ~!!
食べ頃になったら、また顔出しま~す(笑)
そして、一人漫才また見せてもらいます(笑)
楽しみ~
てな感じで、宇検村で暖かく迎えてくださる方々に感謝!!

amami aina本店~奄美が生んだヨガウェア~
オンラインショップへ

友だち追加

コメントは受け付けていません。