10月も後半になり日差しも和らいだので、紫外線を測ってみました。



こんにちは。
暑~いです。今日の奄美。手元の温度計で室内30℃になってます!
もう、今年はクーラー要らないと思っていましたが、もうちょっとお世話になりそうですね。
さて、今月は台風はじまり、あまり完全に晴れる日は少なかったのですが、
今日は雲も少なく澄んだ晴れ空だったので、久々に紫外線量を測ってみました。

気象庁の紫外線情報分布図によると今日の紫外線は、こんな感じです。
九州以北は、「中程度~弱い」となっていますが、奄美地方はUVインデックス6~7、
紫外線量は「強い」です。

UVインデックスという数値は紫外線の強さというだけでなく、人体への影響を数値かしたものです。
UV-Bは量は少ないですが、重大な健康被害をもたらす可能性があります。
UVインデックスはこのように量だけでは計れない人体への影響を数値化したものなので
必ずチェックするようにしたいものです。

UVインデックスについては、以前の投稿にも書いています。
夏到来!紫外線対策には正しい知識とこまめな対応が必要です。

一日でもっとも紫外線が強い正午ごろの奄美の空です。雲もなく澄んだ青空です。

今日の正午の紫外線量は4.29。一年で一番、紫外線が強い日で5.23くらいだったので、
今は最大時の82%程度はありますね。

次に紫外線の中でも、とくに日焼けの原因となるUV-Bを測ってみました。

298あります。同じく年間の最高時は424程度でしたので、およそ70%ということになります。

紫外線のダメージは、「紫外線の強さ×浴びた時間」ですので、夏に紫外線を浴びて日焼けが始まるまで、およそ20分とすると、今の時期では28分くらいになります。
少しは和らいでいますが、8分程度の差では、まだ紫外線対策は怠れませんね。


夏の真上からの日差しは、帽子や日傘で防ぎやすいですが、秋の紫外線は、ナナメからきますので、広範囲にあびる可能性もあります。
太陽の位置に注意して効果的な日よけ対策しいましょう。
また、この時期から急激に空気が乾燥してきます。紫外線と乾燥のWパンチは、
夏場よりダメージになるかもしれません。

夏場は化粧水だけしか使わないという方も多いかと思いますが、そろそろ乳液の出番になります。
あま肌の乳液は、オイル成分はオリーブスクワランホホバ種子油などのすべて植物由来。
まるでクリームのような濃厚乳液で、お肌を乾燥からしっかりと保護します。

 

↓中身の成分は、同じで容量少な目でお求め安い価格です、はじめての方はこちらをどうぞ。

7月、9月、10月の全紫外線、UV-Bの値をグラフにしてみるとこのようになります。

 

以上は奄美大島での測定なので、お住まいの場所によって、
多少、違いはあるかと思いますが、参考にしてみてください。

コメントは受け付けていません。