海水浴では紫外線のなかでも特にUV-Bには厳重注意です。

月曜日は「海の日」ということで、明日から3連休という方も多いのではないでしょうか?
夏休みも始まります。
ということは、これから海に出かける機会も増えるのではないでしょうか?

ところで、以前の投稿で海辺の紫外線について調べてみました。
海水浴では、下から浴びている紫外線にも気をつけましょう

紫外線の中でも、日焼けシミの直接の原因なるのが、UV-B。
UV-Aが長い期間をかけてシワやたるみの原因になるのに対して、UV-Bは紫外線の約5%~10%ですが、
UV-Aより強いエネルギーを持ちます。
浴びたUV-Bは表皮に影響を与え、数日間の間に細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)や、
メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもる紫外線です。
紫外線の中でも、わずかなUV-Bだけをう計ることができるこちらの機械で海辺のUV-Bを計ってみました。

午後13時。最もUV-Bの値が高い時期の最も紫外線がの降り注ぐ量が多い時間。日差しはこんな感じです。

直射日光

海はあいかわらずキレイ。

海

UV-Bは、424!
凄まじい紫外線!これでは速攻で日焼けしそうな数字です。

日当B_R

日陰に避難してみました、UV-Bはおよそ1/3。
浴びた紫外線は、強度と時間に比例しますので、日陰で1時間過ごしたら、直射日光を20分浴びたことになります。
十分、日焼けするレベルの紫外線。日陰だからといって油断できませんね。

日陰B_R

続いて直接浴びる紫外線の他に反射して浴びるUV-Bを計ってみます。
紫外線は反射するので、上からだけじゃないんです。乾いた砂の上では直射日光の11%のUV-Bが反射してました。

乾いた砂B_R

濡れた砂の上での反射は8%

濡れ砂B_R

海水面からの反射は6%

海B_R

防波堤のコンクリートからの反射は4%

コンクリートB_R

植物が生えている緑の上では  2%
UV-Bでも緑のあるところの方が紫外線の反射は少ないですね。

植物B_R

UV-Bは、日焼けやシミに直結します。
特に海辺では紫外線は反射しやすく、上からだけでなくいろいろな方向からやってきますので
日陰でも長い時間いると日焼けします。
肌の露出を控えたり、日焼け止めを塗るなど、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

日焼けした後は、お手入れも忘れずに!!
奄美地方でのみ作られる奄美黒糖焼酎のもろみから抽出した、
オリジナル保湿成分【黒糖もろみエキス配合】のスキンケア「あま肌」。
オススメです!!

甘肌シリーズ

皆さんは海でもしものことがあったらどうしますか?
海上保安庁は、海上における事件・事故の緊急通報用電話番号として、
警察の110番や消防の119番のように覚えやすい局番なし3桁電話番号「118番」の運用をしています。
次のような場合に通報してください。
・海難人身事故に遭遇した、または目撃した。
・油の排出等を発見した。
・不審船を発見した。
・密航・密輸事犯等の情報を得た。
など。
加入電話、公衆電話、携帯電話、PHS、船舶電話などからも利用できます。

写真 2014-07-17 13 10 20_R

海のレジャーはとても楽しいです。しかし、危険なこととも隣り合わせです。
海に行く際は準備をしっかりとしケガや事故には十分注意しましょう。
あと、海をキレイに!!
そして、楽しい思い出をいっぱいつくって下さいね!!

新商品入荷中☆
からだが自然と調和する~奄美が生んだヨガウェア~
奄美大島の自社工場で伝統の泥染め、縫製しています。
アマミアイナ本店
http://amami-aina.com


■■■SUMMER SALE会場はこちら■■■

コメントは受け付けていません