バニラエア保険というのはご存知ですか?

バニラエアの関西線就航の影響で、島のあちこちでたくさんの観光客を見かけるようになりました。
ちょうど奄美空港で、到着したバニラエアを見かけたのでおもわず写真撮ってみました。


ところで、バニラエア保険というのがあるのですが、ご存知でしたか?
航空業界初の保険だそうです。

LCC・バニラエア、700円から入れる国内航空会社初の遅延補償付き傷害保険 (マイナビニュース)

ANAホールディングスが100%出資するLCCの「バニラエア」(所在地:千葉県成田市)は日本の航空会社では初なる傷害保険と航空機遅延補償がセットになった「バニラエア保険」(バニラエア国内旅行傷害保険・バニラエア海外旅行保険)を発売する。

掛け金は、国内旅行の場合、片道プランで700円。
バニラエアの便に乗るために家を出発して、翌日の午後12時までが補償対象のようです。
http://travel.sjnk.jp/vanilla-air/kokunai_oneway.html

往復の場合は、家を出てから帰るまでで、日数によって金額が変わります。
2日間(970円)、3~5日間(1,040円)、5~7日間(1,110円)、8~14日間(1,290円)、15~30日間(1,700円)
http://travel.sjnk.jp/vanilla-air/kokunai_roundtrip.html

期間中に、ケガや病気をしたときの入院補償や通院補償や
例えば、旅行中のスーツケースの破損や旅行中に購入したお土産ものなどの破損、
盗難も補償の対象になるそうです。

そして、LCCならではといってもいいのが、飛行機が遅れたり、欠航した場合の補償ですね。
補償内容は、このようになっています。

出発遅延費用・欠航等→8,000円

搭乗予定航空機の4時間を超えた遅延、欠航・運休・搭乗不能*等により、交通費や宿泊費の費用を負担した場合。
*航空運送事業者の搭乗予約受付業務の不備を指します。

乗継遅延費用→8,000円

航空機乗継の際、到着機の遅延により、乗継後の出発が4時間を超えて遅れ、交通費や宿泊費の費用を負担した場合。

寄託手荷物、遅延等費用→2,400円

航空会社に預けた手荷物到着の6時間を超えた遅延により、身の回り品などを購入された場合。

寄託手荷物、紛失費用→4,000円

航空会社に預けた手荷物到着の紛失(48時間を超えた遅延)により、身の回り品などを購入された場合。

 

通常の航空会社は、このように遅れたり、欠航した時に保険に加入していなくても補償は受けられますが、
LCCの場合は、料金が安い代わりに、保険に加入しないと何も補償はないということなんでしょうね。

どちらがいいのか、利用する私たちの選択肢が増えるのはとてもいいことだと思います。
このような制度を賢く使って、安心して旅行を楽しみましょう!

ご加入は、ご出発48時間前まで可能です。
(コンビ二でのお支払いを予定されている方は、ご出発の4日前までとなりますのでご注意ください。)

※詳しく知りたい方は、バニラエア保険のサイトはこちらです。
http://www.vanilla-air.com/service/insurance
奄美空港も、こちらであま肌は絶賛販売中です。
あま肌 http://amami-aina.com/shopbrand/ct41
1階到着口を出てすぐ、エアポートショップありむらさん

2階の出発口のすぐそば、南西商事さん。

見かけたらぜひ、お手にとって見てください♪

 

春夏新作入荷中☆
アマミアイナ本店
http://amami-aina.com


コメントは受け付けていません