奄美伝統の染色技法「泥染め」絞り染めしますよー!!

 

カタログにも掲載されているこちらの◆Vバックドルマン8分袖(天然泥染・絞り)◆
◆スタンダードTドルマン◆は長年の職人の技で絞り染めされているものです。

今日は絞り染めTシャツができるまでをご紹介したいと思います。

泥染めとは、、

泥染めは、1300年の歴史があるといわれている「本場奄美大島紬」の代表的な染色技法です。
奄美に自生しているシャリンバイ(テーチ木)という木を煎じた染液で、
絹糸を数十回重ねて染めつけ、その後、鉄分をおおく含んだ泥田で染色します。
シャリンバイの色素成分(タンニン)と鉄分が反応することで、茶褐色のタンニンが、
黒褐色へと変化していきます。
この工程を何度も何度も繰り返すことで、大島紬特有の渋い黒色になるのです。

こちらの、真っ白なTシャツを染めていきますよー!!

絞り染めTシャツは、全て職人長年の感で、、(ものさしが見えてますが、笑)柄になる部分を縛っていきます。

全て縛り終えるとこんな感じです。


この後丸二日間かけて泥染めをしていきます。
出来上がるまでどの様な染まり具合になるか分からないので、楽しみです!!

そして丸2日後、ついに染まりあがりました!!
こちらは泥染めし終えたばかりの状態です。

縛りをほどいていきます。
ほどくまで分からないのでちゃんと染まっているかどきどき、、、


このように染まりあがりました♪

手作業で絞り染めをしている為、全く染まり方が同じものはありません。

こうして、世界にたったひとつのアマミアイナ絞り染めTシャツが出来上がります!!

この後、仕上げにアイロン、検品、包装をしてamami ainaは、お客様の元へ届けられています。


奄美伝統の染色技法「泥染め」絞り染めしますよー!!への1件のコメント

  1. ピンバック:三越伊勢丹グループ 春のJAPAN SENSESに出店します!

  2. ピンバック:奄美大島でしか体験できない!泥染め体験♪