amami aina 2018年新商品に向けて、新たな柄が加わります。


もう今年も2ヶ月きりましたね。

amami ainaでは2018年新商品に向けて、サンプル作りが始まっています。

▼amami ainaについて詳しくはこちら

 

今回、新たな柄が追加です♪

少しだけお見せします。こちら島の方なら見たことある奄美ならではの柄ですよね。

試行錯誤しながら、、どの柄にするか考え中の様子です。

 

 

 

「龍郷柄」「秋名バラ柄」の発祥の地は龍郷町で大島紬の伝統的な銘柄です。

島外の方は大島紬の代表的なこの柄について知らない方が多いと思うのでご説明いたします。

 

大島紬とは…

奄美大島の特産品で手で紡いだ絹糸を奄美大島だけで行われている伝統染色技術「泥染め」
をしたものを手織りした平織りの絹布、絹布で縫製した和服です。
大島紬は約1,300年の歴史を誇る、日本の伝統的工芸品、高級絹織物です。
柄の、モチーフは自然の草花が主体です。

「龍郷柄」

 

この柄は、ソテツの葉とハブを図案化した細かい連続模様。
江戸末期に薩摩藩から「奄美大島を一番良く表現した大島紬を献上せよ」
との命が下り、図案師が月夜に庭を眺めていた時にたまたま一匹の金ハブが
月の光で背模様をキラキラと輝かせながら青々とした蘇鉄の葉に乗り移ろうとした
その一瞬の神秘的な美しさを図案化したことから始まっています。
その後これが評判となり、村人たちが競ってハブの背模様と蘇鉄の葉を図案化し、
さらにそこに奄美大島の美しい自然の風土を抽象的に加えて泥染め大島紬を作り続けました。
明治四十年頃に、この泥染め大島紬は作られていた村の名前から「龍郷柄」と名付けられました。
今でも熟練した織手しか作る事の出来ない貴重なものとなっています。

 

 

「秋名バラ柄」

 

秋名バラ柄の「バラ」は琉球語でザルを意味します。
東シナ海に面した龍郷町の「秋名」地区で琉球服属時代に
生活用具の竹で編んだ「サンバラ」と呼ばれるザルをモチーフにして
作られていったものがこの柄です。車輪梅と泥で染めた黒い地糸と絣糸を使用し、
黒のザルの格子柄に十文字を交差させた模様を中心としています。
全体的に黒を基調に落ち着いた雰囲気が特徴で、
近づいた時に見える格子柄の中の十字がアクセントとなり、
味わいのある深みと上品な華やかさを演出しています。
この柄も百年以上続く代表的な柄で、今でもとても人気があります。

 

「龍郷柄」「秋名バラ柄」がどの様にデザインされ、どの様な商品になるか楽しみにしていて下さい♪

奄美大島の伝統の柄を取り入れた amami aina の2018年新商品をお楽しみに!!

 

 

 

コメントは受け付けていません。